令和1年度 流山第3団 第3回【星の森学校】

日時:令和1年6日月23日(日)  曇り時々小雨
場所:流山第3団 星の森キャンプ場、スカウトハウス
活動内容: 面白科学実験室、野外ゲーム
参加者:一般児童21人、BVSスカウト12人

梅雨真っ最中の活動は、当初予定通りスカウトハウス内で面白科学実験室を行いました。初めに割りばしと、輪ゴムを使ったマジックハンド作りです。お父さん、お母さんもお手伝いしながら皆さん頑張りました。出来上がったマジックハンドでボトルキャップを掴んでみました。じょうごの中のピンポン玉、下から垂直に息を吹き込んで飛ばそうとしても飛び出しません。その実験レシピで若いお父さんにトライしてもらったところ、なんと余りに強い息吹きかけでピンポン玉はじょうごから飛び出してしまいました。この後始末、何とも情けない結果になりました。

続いて、登る人形の工作です。お父さん、お母さんの指導宜しく、なかなか上手く出来上がりました。柱につけたピンにタコ糸をかけて人形が登るか確かめてみました。

最後の科学実験室は、風船ロケットを作って、飛ばします。さあー頑張ってロケットを高く飛ばしましょう。少し難しい工作なので、お父さん、お母さんのの出番が増えています。

さてさて、今度は雨も降っていないので野外で「てえへんだージャンケンゲーム」です。2組に分かれて競争です。どちらが勝ったのでしょうか? これが済んだところで一旦星の森学校を終業し、最後に恒例のかき氷を全員で戴きました。もっと酷暑であれば更に美味しく戴けましたが、子供たちは特に気に掛けるようでもなく、美味しくいただいていました。みなさん梅雨空のなか、参加頂き有難う御座いました。